ミュージアムへようこそ

 「ヤポーニア&ロシア(ロシア文化フェスティバル・テーマソング)」

 

作曲=アンゲリーナ・ロマネンコ

編曲=レフ・ロストフスキー

作詞、歌=リーザ・ベス

訳詩=児島宏子

ナレーション=いちのへ

         近年における日ロ間の政治・経済・文化の交流は着実に前進してきました。とくに、日ロ両国市民の交流と友情は大きく広がっています。最初の外交関係の樹立―1855年の日露和親条約締結から166年が経過しました。江戸時代のロシアへの日本漂流民の接触からかぞえても300年あまりにしかすぎませんが、歴史上、日露両国民の交流は日本の社会と文化にさまざまな影響を与えてきました。なかでも、明治・大正時代のロシア文学の受容、戦後のロシア民謡ブーム、現代ロシアの音楽芸術は、日本の文化形成に大きな影響を与えてきました。一方、世界で最初の日本語教育を始めたのはロシアです。ピョートル1世の命で、ペテルブルグにおいて316年前の1705年のことになります。日本全国にはロシアに関連する歴史上の史跡やモニュメント、顕彰碑・記念碑・墓碑などがたくさんあります。きっと皆様の住んでいる地域や街にも知られざる歴史のエピソードが埋もれているにちがいありません。さあ、日本のなかのロシア探求に出発です。

 

インターネット・ミュージアム

「日本のなかのロシア」館長のメッセージ

ミュージアムでお会いしましょう!

                             I・V・ロマネンコ

                                                          (ロ日協会会長)

          親愛なる友人の皆さん!

         非常に魅力的で現代的なプロジェクトであるインターネットミュージアム「日本のなかのロシア」の設立を、心の底から皆さんにお祝い申し上げます。これは両国の国家間関係樹立165周年およびロシア人と日本人のファーストコンタクト300周年に合致します。このプロジェクトは、地理的にみると北海道から沖縄までの日本全土をカバーしています。

         ミュージアムの展示物となっているのは、ロ日関係史にさまざまに関係している日本各地の歴史的・記念的な場所です。ミュージアムの設立者たちは、展示物としてそのような場所を164か所紹介しています。しかしながら、我々も皆さんも理解している通り、現実は常に動いていくものです。ロ日の友好関係、政治や経済、文化、スポーツ、医療など様々な分野における交流が発展するにつれ、「ミュージアムの展示物」は益々増えていくことでしょう。

         インターネットミュージアム「日本のなかのロシア」の設立は、私が長年にわたり友情、協力、共同活動、そして互いに敬意を持ち続けてきた長塚英雄氏をはじめとする、熱心な方々による大仕事です。彼らによる、日本におけるロシアにゆかりのある場所、我々両国に共通する歴史のユニークな資料の収集という膨大な作業に対し、深い感謝を表したいと存じます。

         私が理解しているところでは、インターネットミュージアムの設立者たちには、新しい展示として「日本の音楽におけるロシア」、「日本演劇におけるロシア」、「日本バレエ芸術におけるロシア」などを設けるという壮大なプランがあるようです。これは、このプロジェクトが常に発展していくということや、インターネットミュージアム「日本のなかのロシア」には大きくて魅力的な未来があるということを物語っています。

         最後になりましたが、バーチャルミュージアムの設立者の方々や訪問者の方々に、平和やご健康、ご幸福やご繁栄をお祈りしたいと存じます!

         インターネットミュージアム「日本のなかのロシア」の「展示室」でお会いしましょう。